さあ!妊娠力をアップさせよう

できるだけ早くに結婚した方がいいとか、赤ちゃんを産むなら早い方がいいとご年配の方から言われて落ち込む方もいらっしゃるようですが、元気な赤ちゃんの誕生を期待してできるところから頑張ってみませんか?
妊活のためにまずは健康的な体作りと親になる心の準備。
出産は、誰もが肉体的にも精神的にも苦しい陣痛を経験することになりますから、妊活の為に体力作りもしておいた方が良いでしょう。
出産する時にあまり太っていると難産になりやすいとも言われていますから、太らない生活も心がけておくことを妊活ではオススメします。

妊娠力をアップさせるべくまずやって頂きたいのが、男性の方も女性の方もゆったりとした締め付けない下着や洋服を着るようにすることです。
お洒落にこだわっている方には苦しいことかもしれませんが、ここは是非赤ちゃんを授かるためだと思ってやってみてください。
女性が締め付けない洋服を着た方が良いメリットは、骨盤の内側の血行を良くできること。
これで子宮や卵巣など妊娠に関わる臓器が、よく働くようになります。
また男性がゆったりとした下着やパンツを選ぶメリットは、精巣がよく機能してくれることと、精子の運動能力を上げる期待ができることです。

適度な運動で血行増進と体を温め、ゆっくりと入浴することで更に体を温めストレスを解消できます。
また、同じように体を温めてくれる食材を積極的に摂ることもお忘れなく。
根野菜や北の方で採れる野菜には体を温めてくれるものが多いようですよ。
また、小麦粉で出来たものよりもお米の方が体を温めてくれますから、神経質にならない程度に選んでみても良いでしょう。

反対に、控えて頂きたいものもあります。
カフェインの取り過ぎはNG。
もちろん、少しだけ飲む程度であれば問題ありませんが、できれば避けた方が安心です。
コーヒーはほどほどに。
また、たばこやお酒も是非やめましょうね。
それから、冷たい飲み物や食べ物よりも温かいメニューを温かいうちに食べることもポイントです。
冷やさない、温かく。
これが基本です。