妊活を始める前に

結婚すれば、すぐに赤ちゃんができる。
何の問題もなく赤ちゃんは無事に生まれて来てくれる。
不妊に悩む前は、そう思っていたと話す方がとても多いです。
結婚して数年間は夫婦二人だけの暮らしを楽しもう!仕事一本に集中して向き合おう。
子供はそれからでもいいと考え、いざ子供をつくろうと思ったのになかなかできない現実。
気が付けば、30代も後半にさしかかっている。
そこで初めて妊娠しにくいことに気が付くようです。

様々なことが言われていますが、やはり20代の若い頃と比較してみると、どうしても年齢を重ねた方の方が妊娠しにくい。
でも、可能性は0ではありませんので是非諦めずに取り組んでみて頂きたいと思います。
その際に大切なことは、当たり前ですが妊娠は女性一人だけでは出来ないと言うこと。
夫婦二人で話し合い、協力し合って始めなければなりません。
ここで旦那様が不協力的ですと、目標達成は難しくなってきてしまいます。

まずは、心にゆとりを持って初めて下さい。
特に周りの人や同じ年齢の方が次々に妊娠すると、どうしても焦ってくるもの。
不安に感じたり嫉妬してしまう場合もあるかもしれません。
それに、周りからの「赤ちゃんはまだなの?」などのような言葉に、深く傷付き落ち込むこともあるかもしれません。
不妊の悩みは、たとえ親子であっても経験してみないとその気持ちは理解しにくいものです。
ですから、どしっと構えて動じないことも必要なんです。

確かに赤ちゃんを欲しいと強く思う気持ちは分かりますし、これから長い戦いになるかもしれませんが、最終的には「赤ちゃんは神様からの授かりもの」であることを十分理解した上で取り組めると良いですね。
後悔しないように。
でも、頑張りすぎたり追い詰めたりしないように。
赤ちゃんを授かっても授かることができなかったとしても受け入れる覚悟で、是非妊活を行いたいものです。
何歳まで妊活を頑張るのか、何歳になったらきっぱりと赤ちゃんを諦めるのか、そのあたりのことも妊活前に夫婦で話し合ってから始めましょう。