なぜ妊活を始めたのですか?

色んな言葉がちまたに溢れていますが、最近は○○活なる言葉も良く耳にするようになりました。
以前は、せいぜい就活や婚活くらいでしたが、妊活と言う言葉も珍しくはなくなっています。
昔は、結婚したらいずれ赤ちゃんを授かるのだろう程度に考えて生活していた方がほとんどだったと思いますが、ではなぜ今このように妊活と銘打って努力する人たちが多いのでしょうか?

ある調査によると、妊活を行うことにした理由はなんとなく始めたような方がいる中、年齢的に気になりだしたからと話す方も多いようです。
それは、現代の傾向でもある晩婚化が後押ししていることもあるでしょうし、年齢が上がれば上がるほど妊娠しにくくなる事実もご存知だからなのかもしれません。
また、友人知人の出産が重なったことに焦りを感じて、本格的に妊娠を目指す方も多いようです。
周りからのプレッシャーなどもあるのかもしれませんね。

年齢的に見ると、流産のリスクも上がるとされている35歳を過ぎる頃から、スタートされる方もたくさん見られるようです。
具体的にどのようなことをしたか見てみると、やはり日常生活に気をつけて妊娠しやすい体力作りを行ったり、基礎体温を付け把握。
体が冷えない工夫なども多く見られます。
また、流産を上げるリスクを取り除いたり、体によいものや妊娠力を上げてくれる成分や食材を積極的に食べるようにしている方も多く見られます。

ただ、妊娠は女性一人が頑張っても良い結果は期待できないもの。
ここでこそ夫婦の絆や協力する姿勢が試されるのかもしれませんね。
まずは夫婦でどうしたいのか、どうするのかを話し合うこと。
妊活はどれくらいの期間続けて行くのかなど、お互いが納得できる話し合いができると理想的。
ここで、今まで以上に夫婦の絆が高まるカップルと、関係が悪化して離婚してしまうカップルとがいます。
確かに内容的に色々あり難しいとは思いますが、是非真剣に向き合って進めて頂きたいと思います。
そして、どんな時もお互いを思いやる姿勢が大切です。